債務整理 借金の管理できてますか? 多重債務になやんでませんか?

債務整理とはクレジットカードや消費者金融からの借り入れによる多重債務を合法的に解決するいくつかの方法のことです。一般に次の四つの方法がありますが、どの方法が良いのかは、それぞれの債務状況によって異なります。

任意整理

任意整理とは、司法書士や弁護士を代理人に立て、裁判所を介さずして債権者と交渉し、 借金を減額させ、かつ、減額した借金を無利息にて3 年間で分割弁済して行く手続きです。

任意整理の手続きの流れ

司法書士や弁護士に依頼します。(依頼した時点で債権者の取立てが禁止されます。)

債権者から今までの借り入れの情報を収集し、借金を減額します。

司法書士や弁護士が債権者と今後の返済について交渉します。

和解が成立すれば返済開始となります。

特定調停

特定調停は、裁判所の仲裁により債権者と交渉し、借金を減額させ、かつ、減額した借金を無利息にて3 年間で分割弁済して行く手続きで、自己破産や民事再生とは異なり、全ての債権者と交渉する必 要はなく、整理したい債権者(借金)だけを対象にすることができます。

特定調停の手続きの流れ

特定調停に必要な書類の収集・申立書作成

裁判所へ申し立てて、債権者から今までの借り入れの情報を収集し、借金を減額します。

裁判所より指定された期日に裁判所へ出頭します。

債権者・調停委員・申立人(代理人)の三者で話し合い

調停が成立すれば返済開始となります。

民事再生

個人民事再生とは、裁判所に申立をして、借金の額を『借金総額の5 分の 1(20%)』にまで減額し、減額された借金を3 年間でキチンと分割返済することを条件に、残りの借金全て(本来の借金)が免除されるという制度です。ただし、下記の条件が最低、必要となります。

1. 無担保の借金総額が5,000万円以下であること。
2. 将来的にも継続して得ることのできる収入があること。

民事再生手続きの流れ〔約9ヶ月〕

民事再生に必要な書類の収集・申立書の作成

自分の住所地の地方裁判所で申し立て

再生手続開始決定:2、3週間で裁判所から決定がでます。

審問期日:5〜10分程度の面接があります。

債権者に再生のための計画を提示して許可を得ます。

再生計画許可決定:裁判所より許可が下りれば再生計画の実行に移ります。

返済開始:圧縮した借金を原則3年間で返済していきます。

自己破産

自己破産とは、多くの方がご存知の通り、裁判所に申立をして免責決定を得る、全ての借金の免責を受ければ、その全ての借金がゼロになり、支払い義務がなくなります。まさに借金の全てを免除してもらう手続(制度)です(債務免除)。
もちろん、それだけの効力がされるため、大きなペナルティがかせられます。
例えば、銀行から融資を受けられなくなる。クレジット決済ができない。(クレジットカードが使えない。)
官報の破産者名簿に名前が載る。などです。
また、自己破産には厳しい審査があり、誰でも自己破産ができるわけではありません。

自己破産手続きの流れ

自己破産の手続に必要な書類の収集・申立書の作成

破産手続開始決定・免責の申し立て:必要書類・申立書を提出

審問期日:5〜10分程度の面接があります。

免責審尋:5〜10分程度の面接があります。

免責決定:免責審尋から約1〜2ヶ月後、免責決定の通知が届きます。

ご相談いただければ、全て私たちが、丁寧にご説明し、ご対応致します。お問い合せはこちらまでTEL:092-725-2344

相続、不動産登記するものが無いから、関係ないと思ってませんか?本当に何も無いのか?ここがポイントですね。

相続について、詳しく内容を見る >>

会社の設立や事業内容の変更等をされる際には、会社(商業)登記を行いましょう!転ばぬ先の杖ですね。

会社設立について、詳しく内容を見る >>

桧田(ひだ)司法書士事務所の一般的な費用のご案内です。なお報酬につきましては、事案により異なってまいりますので、ご連絡いただければ見積りを作成いたします。

費用・報酬一覧について、詳しく内容を見る >>

多重債務を合法的に解決するいくつかの方法をご紹介いたします。

債務整理について、詳しく内容を見る >>

上記の申し込みフォームに必要事項をご記入いただければ、こちらからご連絡させていただきます。

お問い合わせ・ご相談は、TEL:092-725-2344 まで、お気軽にご相談ください。
また、実際の依頼は、左記「お申し込みはコチラから」をクリックして必要事項をご記入いただき、送信下さい。