会社設立に必要な書類は? 費用は?どこに提出・依頼すればいい?

会社設立は、「大変」「よくわからない」と一人で悩んでいませんか?桧田文枝(ひだふみえ)司法書士事務所では、設立までの全ての手続き、アドバイスを一括して受け付けています。

会社設立のメリット

会社設立のメリットは、何を持ってメリットとするかが、重要です。
「社会的信用度」「税務上の優位性」「運営面での優位性」「保険面での優位性」などがあげられます。

会社設立のメリットの1番は社会的信用度です。大手企業との取引等、金融機関からの融資などが個人事業主とは大きく違ってきます。

会社設立をした場合、決算日は設立時に自由に設定できます。
会社設立日から1年後を決算月に設定する事業主の方が多いようです。

法人税は一定ですので、年間所得が一定の金額を超えた場合は会社を設立した方が税金の負担が軽くなります。

役員や家族従業員に対しても退職金を支給でき法人の必要経費にもなります(過大な退職金を除く)。また生命保険料を必要経費として経常できます。

新会社法の特徴

会社設立のメリットは、何を持ってメリットとするかが、重要です。
「社会的信用度」「税務上の優位性」「運営面での優位性」「保険面での優位性」などがあげられます。

現行の株式会社と新株式会社の違い〔表〕

会社が作りやすくなりました。

  • ・最低資本金制度がなくなり、資本金1円から会社を設立できます。
  • ・有限会社という形態がなくなり、株式会社に1本化されますが、
  •  もっと経営の自由度が高い合同会社という会社形態が新設されました。
  • ・設立手続が簡素化され、現物出資でも会社ができるようになりました。
  • ・会社や事業の統廃合がしやすくなりました。
     会社の規模や実態に合わせた経営ができます。
  • ・定款という会社の憲法の元で運営方法を決められます。
  • ・会社の機関設計(意志決定などをする仕組)が柔軟に決められます。
  • ・取締役ひとりの会社はほとんど、その経営者が意思決定できます。
  • ・議決権のない株式、配当がない株式など、
  •  いろいろ制限を設けた株式も発行できるようになりました。
  • ・配当(剰余金の分配)が、期中に何回でもできます。

電子定款で設立費用を節約!

設立作業を自分で行うと「定款に貼る収入印紙代」が発生しますが、桧田文枝(ひだふみえ)司法書士事務所にご依頼いただいた場合は、「収入印紙代」が「0円」となるため、個人で行うよりも設立費用を安く処理できます。

「手数料」「収入印紙代」が「0円」になります!

ご相談いただければ、全て私たちが、丁寧にご説明し、ご対応致します。お問い合せはこちらまでTEL:092-725-2344

会社設立にあたり、どんな種類と特徴があるのかをご説明いたします。

会社設立の種類と特徴について、詳しく見る >>

会社設立の法定費用の詳細と個人で手続きを行った場合と司法書士などに依頼した場合についてご紹介します。

設立費用について、詳しく見る >>

会社設立までの流れは、実に様々な書類作成と申請が発生たします。ここでは、全体の流れをわかりやすく、ご説明いたします。

会社設立までの流れについて、詳しく見る >>

会社設立で、よくある質問や疑問などをご紹介いたします。

会社設立のよくある質問について、詳しく見る >>

上記の申し込みフォームに必要事項をご記入いただければ、こちらからご連絡させていただきます。

お問い合わせ・ご相談は、TEL:092-725-2344 まで、お気軽にご相談ください。
また、実際の依頼は、左記「お申し込みはコチラから」をクリックして必要事項をご記入いただき、送信下さい。